エックハルトトール著『パワーオブナウ 魂が目覚める日々の言葉 』の感想

本記事には広告が含まれています。
エックハルトトール著『パワーオブナウ 魂が目覚める日々の言葉 』の感想!

とおるです。

2019年に、エックハルトトールの『The Power of Now』の新たな翻訳本がでました。

パワーオブナウ 魂が目覚める日々の言葉 』です。

スピリチュアル界の大御所、山川夫妻が翻訳を担当しています。

この記事では、エックハルトトールの本を多数読んできた私が『パワーオブナウ 魂が目覚める日々の言葉 』を読んだ感想をお伝えします。また、どんな人が読んだほうがいいのかも解説します。

目次

『パワーオブナウ 魂が目覚める日々の言葉 』の感想

『パワーオブナウ 魂が目覚める日々の言葉 』の感想

エックハルトトールの著書である『パワーオブナウ 魂が目覚める日々の言葉 』は、
とてもハートフルで力強い本
でした。

デザイン性にとても富んでいて、文字からだけでなく絵によっても”今に在る力”を目覚めさせてくれる、そんな本です。

そもそも、エックハルトトールの『The Power of Now』は、日本語版の邦題が『さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる』で出版されています。

上記の本はタイトルが誤解を招く表現になっていますが、今回の翻訳本はそのままです。(”魂”だけ引っかからなくもないですが)

山川夫妻は、スピリチュアル本の翻訳のマスターで、エックハルトトールの伝言を自己流にせず、ストレートに届けてくれます。ありがたや。

読んでいて”優しさ溢れる本”と言いたいのですが、優しさの中に”強さ”も感じられますね。

“今という瞬間の力”、これひとつをあらゆる角度から眼前に写してくれます。

最近、私の身の回りのことで感じたていたことがそのまま描かれていて、うなづく回数がとても多かったです。

「そうそうそう、こういう些細なことに”美”を感じられたら、世界の見え方も変わるよなぁ〜」

と感心しまくりでした。

実際、読んでいるとそういう”意識の変容”が大なり小なり起きます。

「あぁあ!そういうことね!それだったのか!」

と納得というか、芯の部分で感じとれる人もいると思います。

家の本棚の手に取りやすいところに置いておいて、気づいたら手にとって読みたい本です。

※今に在る方法について詳しく解説している記事はこちら

『パワーオブナウ 魂が目覚める日々の言葉 』を読んだ方がいい人

『パワーオブナウ 魂が目覚める日々の言葉 』を読んだ方がいい人


エックハルトトールのパワーオブナウ 魂が目覚める日々の言葉 』の内容量は、短いといえば短いです。

『The Power of Now』で、”今に在る大切さ”を説いている重要な部分を選び取って、”導きの写真”と共にそれを届けてくれます。

なので、次のような人は『パワーオブナウ 魂が目覚める日々の言葉 』を読んだ方がいいです。

  • 『さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる』の訳が気に入られない人
  • 『The Power of Now』が長くて挫折した人
  • 『ニュー・アース』が長くて挫折した人
  • 字よりも絵の方が直感的に理解できる右脳派の人
  • エックハルトトールのシンプルで力強いメッセージが欲しい人
  • 今に在る力は結局どうすれば手に入るか知りたい人
  • 過去や未来について、後悔や心配している人
  • 人生に疲れている人
  • 目覚めたい人

正直すべての人に読んでほしい本ですね。

ただ、『The Power of Now』の完訳じゃなきゃやだっていう人は買わないでください。

後、エックハルトトールの教えを1〜10知りたい人は『ニュー・アース』の方が適しています。

著:エックハルト トール, 翻訳:吉田 利子
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す

それ以外の人は、『パワーオブナウ 魂が目覚める日々の言葉 』を読むと、自分の周りの人にプレゼントしたくなるかなぁと思います。

まとめ

この記事では、『パワーオブナウ 魂が目覚める日々の言葉を読んだ感想をお伝えしました

エックハルトトールの至極の言葉が1650円(税込)で買えるのはすごい。

ほんとにいい時代ですよね。

昔だったら船で海難を避けながら異国にたどり着いても、盗賊から命からがら逃げて、その後にようやくメッセージを受けとれるんですから。

現代は、”ポチっとな”の指の動き一つで家に金言の書が届くわけですもん。

ということで、今回はハートフルで力強い本である、『パワーオブナウ 魂が目覚める日々の言葉 』を紹介させていただきました。

『さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる』もタイトルは原題と大きく違いますが、書かれている内容はもちろん素晴らしいですし、目覚めを引き起こす良書です。

スポンサーリンク

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!

スポンサーリンク

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次